トップ «前の日記(2006-03-31) 最新 次の日記(2006-04-18)» 編集

日々之雑感

1690979: 163: 103
すごく過去の雑感
2002| 01, 02, 03, 04, 05, 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12 ]
2003| 01, 02, 03, 04, 05, 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12 ]
2003|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2007|05|09|
2008|02|03|05|06|08|11|12|
2009|10|11|12|

2006-04-02

_ [JunkYard] [イベント] そうさく畑60

 そんなわけで神戸。新幹線で新大阪まで出て、在来線で三ノ宮へ。何度も来ている場所なのでトラブルも無く……と思いきや、乗り越し運賃をSUICAで支払おうとしたらトラブルが。2月に東京に行ったときの入場記録が残ったままになっていた。入場時間と場所からして帰るときに新幹線にスイッチするときの手順ミスらしい。結構な情報がSUICAに入ってるんだな。まあ知らなかったわけではないが、こうして直に見せられるとリーダが欲しくなる。SONYから出てるやつで見れるのかしらん?

 小雨が振り出した中、会場の神戸サンボーホールへ。到着直後に雨脚が強まり始める。天候が悪いと来場者数に響くのでちょっと気になったが、以後は閉会まですっかり意識の外に。けっこうすごい風雨になったらしいけど。

 サークル入場して宅急便を受け取る。ここで大ポカに気付いた。展示用の要塞4号のメインパーツを忘れた。今回は宅配便の荷物に余裕があったので、一部の展示機材を同梱したのだが、これで全部送った気になってしまったらしい。メインパーツは巨大なのでいつも手持ち搬入なのに。まあ今回は旧作は絞って持ち込んだので、シリーズ物をまとめるとかでなんとか展示しきる。神戸は一年ぶりということ&これまでの参加率が高いということで、旧作よりもここ一年の新作を前面に押し立てる。当然といえば当然。

 今回の目玉の一つは「園田健一原画展」。園田氏はアマチュア時代は大阪を中心に活動していた事から、そうさく畑とも縁があって今回のイベント実現となたそうな。「元祖園田屋」のブースも出ていたが、まさか座っているのがご本人とは気付かなかったが。そのおかげもあってかどうかは不明ながら、開場時には一般入場の行列が。開場後はまったりと。配置がジャンル分けされている事もあって、小説の一角は混雑するわけでもなく、かといって閑散というわけでもなく。

 今回は一人で参加だったので、留守番としてPinkyにつり銭持たせて「無人販売中」の札をつけて席を離れる。何箇所かピンポイントで回る。二階はけっこう混雑していたような気も。園田氏のブースはプチサイン会状態。ミーハー心が疼いて自分も並ぶ。リクエストは「ガルフォースのラビィ、モデルグラフィックス版で」、と無茶な事を言ってみる。いや、あの連載のカラーイラストコラム好きだったんすよ。臨機応変に対応していただき感謝。

 自ブースに戻ってみればPinkeyの足元に千円札が。店番の大役は果たしてくれたらしい。

 終了してみれば、いつものそうさく畑だったなあ、という結果が。コピー誌中心に出たので売り上げ的にはいまひとつなのだが、冊数ベースではいつもの畑。コピー誌のProgressive#シリーズはこういった地方イベント対策(発行時期とか単価と)といった側面もあるので、狙い通りというか、それでも冊数的に伸びなかったのは外したと見るべきか微妙。

 終了後、所用で大阪へ行くが、試しに阪急電鉄を使ってみる。初めて乗るので、車両や窓からの光景が新鮮。目的地の梅田駅で「電車でD」の舞台となった民間最大の8連ホームを堪能。こりゃすげいや。少し時間あったので、あちこち歩き回って金券屋を見つけて帰りの切符と図書カードを大人買いする。実は名古屋の金券屋よりも1%安い事は調査済み。

 JRだと大阪で一度下車するのはちょっと面倒に思っていたが、そういう場合は阪急を使えばいいんだな。

 とりあえず春のイベント参加はこれで一区切り。5月コミティアは多分委託のみというか自分の状況不明。その次は6月の関西コミティア。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ ブラウンは復古な味わいが溢れて、近年来は再度に流行になります。バッグは女性の別の顔のように、女性の品位を顕現します。今回登場したのは自信を溢れるシャネルバッグです。ブラウンのバッグは素晴らしい効果があります。★ 2023年シャネル経典的な逸品&最新美品★ 2023新作の展示、新品種類がそろっています★ 当社の商品は絶対の自信が御座います★ 信用第一、良い品質、当店の承諾に→誠実 信用 (2023-09-28 12:43)

迅速な対応とキチンとした梱包をありがとうございました。
また、商品も綺麗で素敵な物でした。
信頼と信用出来るショップ様です。
ブラウンは復古な味わいが溢れて、近年来は再度に流行になります。バッグは女性の別の顔のように、女性の品位を顕現します。今回登場したのは自信を溢れるシャネルバッグです。ブラウンのバッグは素晴らしい効果があります。★        2023年シャネル経典的な逸品&最新美品★        2023新作の展示、新品種類がそろっています★        当社の商品は絶対の自信が御座います★        信用第一、良い品質、当店の承諾に→誠実 信用 https://www.tentenok.com/product-6243.html

_ 16610 スーパーコピー ヴィトン (2024-05-27 09:08)

商品の数量は多い、品質はよい。
超好評に持ったブランドコピー老舗
世界一流の高品質
16610 スーパーコピー ヴィトン https://www.copyko.com/longisland_z89.html

お名前:
E-mail:
コメント:
本日のリンク元

.O.
..O
OOO
README|日記の書き方