トップ «前の日記(2005-08-14) 最新 次の日記(2005-09-01)» 編集

日々之雑感

1690974: 158: 103
すごく過去の雑感
2002| 01, 02, 03, 04, 05, 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12 ]
2003| 01, 02, 03, 04, 05, 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12 ]
2003|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2007|05|09|
2008|02|03|05|06|08|11|12|
2009|10|11|12|

2005-08-26

_ [アニメ] 「戦闘妖精雪風」

と、いうわけで『戦闘妖精雪風』完結。

感想、きちんと全巻買ったから値段分は言うぞ! 駄目じゃん!! 以下ネタバレは極力避けるが、不可抗力のとこは不可抗力。

1巻。壊滅的に駄目。原作を知っている人には不満のみ残り、知らない人には意味不明のストーリー。ラストのエンディングテーマの違和感が駄目押し。『戦闘妖精・雪風』のストーリーを1巻で消化するというのも無茶だが、ここまでで描かなければいけないことをなんにも描いていない。だいたいマーニーの乳が出てこなければ、彼らの正体がわからんのに。このミスは後に引くぞ、と思ってたら案の定。

2巻。うって変わって善戦。ただ露出狂じみたフォスの胸元とメイヴのキーボードをなんとかしろ。

3巻。なかなか上手く作ってるじゃないか、というのをトマホーク・ジョンの正体でぶちこわし。1巻でマーニーの乳を出さなかった報いである。原作の「僕は、人間だよな」という台詞をぶちこわしにしてしまったではないか。

4巻。まさかこの話を入れてくるとは思わなかった。シリーズ中最高の出来だが、それは本編のストーリーにあまり関わらなかったからだろうな。メイヴがどーやって後進してるのか(きっと妙な所にバイパスとかあるに違いない。知らずに近づいた甲板員が吹き飛ばされなかった事は幸運だ)とか、甲板の高さ何メートルあるんだとか言いたいが、気持ちいいシーンだったので言わない。でも物語全体の事を考えれば天田少尉を出すべきでは無かったかと思う。

5巻。さすがに「飛行機とばすことだけは超一流」というGONZOだけあって、戦闘機飛んでるシーンの迫力は絶好調。正直、雪風と零が出撃したシーンから先は、もしかして原作を超えるラストを見せてくれるのかも、と期待した。本気で期待した。その直前まで、「結局、雪風と零とブッカーの三角関係話かい! エディスの立場は!」とか思っていたので、反省しつつ、本気で期待した。しかしそこはGONZO。しっかり裏切ってくれた。なんだこのラストはおい! ジャンプの打ち切り漫画じゃねーんだぞ! だいたい超空間通路を造ったのは誰なんだよ。なんの解決にもなってねー!!

 そもそもお茶会の前に、零がエディスを雪風のコクピットに座ることを許しているところから違和感大。その後、雪風を単独でロンバートとの戦闘に赴かせた零にも違和感大。彼なら誰がなんと言おうとも雪風のコクピットにいただろう。むろん、いなかったからこそロンバートの最後の台詞が生きてくるのだが、それがその先のストーリーに関わらないのだからまったくの無意味。

 そしてラスト前。ロンバートの言葉、そしてフェアリィ空軍全軍がジャムの超空間に捕らわれた状況。雪風と零が出撃。超空間通路を破壊する三機の騎士を従えた風の女王、全軍のバックアップを受けた最高の舞台。この燃えまくりの舞台で、雪風と零をジャムと対決させようとは思わなかったのか!? それをさせずに複合生命体云々に何の意味があると?

 結局、零と雪風とブッカーの三角関係の話で終わってしまった(最初からそういう話だと言われれば返す言葉も無いがな)。違うだろう、これは零と雪風とジャムの三角関係の話だろうに。だからこそ『戦闘妖精・雪風』はSFなのだよ。でなきゃそのへんの凡百のテレビドラマと変わらねえ!! スタッフ、お前ら実は原作の事嫌いなんだろう。

 で、あのラストは何ですか? 零と雪風はジャムに負けたとでも??

 ちなみにシリーズ全編で一番おもしろいのは、1巻の原作者・神林長平インタビュー、そして5巻の監督インタビュー。監督、それはまったく原作者に相手にされなかったと言うのでは?

 少なくとも、「原作を完全映像化」という戯言は宣伝であれ二度と口にするんじゃねえ。

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]
_ 山口満 (2005-08-28 01:57)

だから〜所詮はGONZOなんだからさ。最初から判ってたことぢゃん。

_ 林 隆博 (2005-08-28 21:59)

いやね、ラス前の盛り上がりが尋常で無いので、思わず期待したのですよ。そこはかなり高評価してます。それが投げっぱなしジャーマンなので一気に符号反転して大マイナス評価。最初から±0なら別にネタにもせんのですが。でも偶数巻はそれなりに見れますよ。過剰な期待はしたらあかんけど。

_ 小川一水 (2005-08-28 22:53)

およそ林さんとは思えないキレっぷりに大びびり。

某所や某所では途中までカスだったけど最終回だけはいいって評判だったんですけどねえ。それなら見ようかな、と思っていたんですけどねえ。
雪風とジャムがラヴラヴちゅっちゅで零はおいてけぼり、というのが原作の真髄だと思っているので、そうでないならやめとこっかな……。

_ 林 隆博 (2005-08-28 23:17)

私は『グッドラック』は、零と雪風がラヴラヴで、雪風はちょっかい出してくるジャムをてきとーにあしらってるんだけど、それにジャムが切れてフェアリィ大侵攻。さーて、関係の清算に行ってくるかね、という話と思ってるので(ひでぇ)5話で雪風と零が発進して、3機のナイトを従えたところまではサイコーなんですけどねえ。
ひさしぶりに、「ええい、うるさいだまれ俺が書く!」という気になったっす。

_ ルイ ヴィトン ユタ (2023-09-03 03:57)

東京第七家信用スーパーコピー時計の実体の店
ブランドコピーバッグの誠実と信用の店、
24時間以内に出荷し、3〜4日に到着して、
当社の販売のさまざまな国際ブランド、
ルイヴィトンバッグ、エルメスコピー、
ロレックスコピー、オメガ コピー、
シャネル時計コピー、スーパーコピーバッグ、
当社は誠心誠意あなたのためにサービス、
ルイ ヴィトン ユタ https://www.tentenok.com/product-3010.html

_ ブランドバッグ (2023-09-16 19:10)

妻の誕生日プレゼントに買いました。
商品の到着も早く、品物もイメージ通りでした。
割安に買えて良かったと思っていますが、贈り物用の梱包があったらなお良いと思います。
妻も多分喜んでくれると思います。誕生日が楽しみです。
ありがとうございました。
ブランドバッグ https://www.ginza78.com/repurika-11947.html

お名前:
E-mail:
コメント:
本日のリンク元

.O.
..O
OOO
README|日記の書き方